症状を改善するためには偏頭痛のタイプを見極めよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

人によって症状は違う

看護師

痛くなる頻度を確認する

よく頭が痛くなる人の中には、それが俗に言う偏頭痛だと思っていることがあります。しかし、その頭痛が必ずしも偏頭痛だとは限りません。単純な頭痛かもしれないため、判断するためにも、痛くなる頻度や状態などをしっかりチェックすることをお勧めします。頻度が多い場合には、当然、何らかの病気が考えられるため、病院を訪れるべきです。偏頭痛の場合、大きく分けて3つのタイプがあります。後頭部が痛くなる場合や、こめかみがズキンズキンと脈打つように痛くなる場合、それから、頭をギュッと押さえつけられているような痛みなどです。これらの症状が頻繁にあるのなら、早急に病院を受診した方がいいかもしれません。また、どんな時に痛くなるかによっても、訪れる科は違ってきます。病気が隠されていることもあれば、精神的なストレスに関係していることもあるからです。病気の場合は様々な検査を行うため、総合病院がいいでしょう。さらに、精神的なストレスが関係している可能性が高い場合には、精神科や心療内科の受診が適切です。

どこの科を受診すべきか

偏頭痛に悩まされている人は、痛み止めを処方してもらうだけでも症状を緩和できることから、病院を受診してみるべきです。この時、内科もしくは頭痛外来が一般的となっています。ところが、精神的なものからきている偏頭痛の場合は、精神科や心療内科の受診が適切です。また、処方される薬も違ってくるため、この判断が難しいと言えます。どこの科を受診すべきか自身で判断ができない場合には、いろいろな科のある総合病院をとりあえず受診してみることをお勧めします。さらに、ストレスが溜まっている時や仕事が忙しくて疲れている時などに、よく偏頭痛が起こる人は、最初から精神科や心療内科を受診した方がいいかもしれません。この場合、痛み止めの薬を処方する前に、まずはストレスの改善が優先させられることもあります。当然、ストレスがなくなれば、偏頭痛の頻度も減ってくるわけです。ストレスがかかると自律神経が乱れてきて、血流も悪くなってしまうことがあります。これによって偏頭痛が起こりやすくなります。

頭の片側が痛む時には

顔を押さえる人

偏頭痛は脳の血管の拡張が原因で、間欠的に起こる頭痛です。前兆、あるいは予兆と呼ばれる症状が見られますが、前兆なしで痛みが始まることもあります。市販の薬だけではかえって痛みがひどくなりますので、やはり病院に行くのがお勧めです。病院で処方されるトリプタン系薬剤は、偏頭痛を根本から治してくれます。

もっと見る

定期的に起こる頭痛に

病院

脳内の血管の収縮を起因とする片頭痛は、鎮痛剤によって痛みを緩和することができます。これら鎮痛剤は病院で処方されるため、そこで受診してみるのがおすすめです。また、診察の際は医師に自分の症状を正確に伝えることが大切です。

もっと見る

ストレスが原因のことも

下を向く男性

偏頭痛の原因は、さまざまです。ストレスなどが原因の場合も多いため、病院に行く場合は心療内科などもおすすめです。内科などに行っても改善しないという場合も、心療内科や精神科に行ってみてはいかがでしょうか。

もっと見る

多くの人が悩む頭痛です

頭を押さえる女性

偏頭痛は多くの人が悩まされている慢性頭痛です。原因ははっきりとわかっていませんが、ストレスや疲労、寝不足なども原因のひとつと言われています。偏頭痛のときは頭を冷やしたり、暗く静かな環境で横になりましょう。病院で鎮痛剤を処方してもらったり、ストレスが多い場合は安定剤を内服するのも対処法のひとつです。

もっと見る

頭痛が起きる本当の原因

カウンセリング

脳の検査を受けても異常がないのに激しい痛みを生じる偏頭痛は、三叉神経への刺激と脳の血管拡張が原因とされます。それを引き起こす真の原因として、ストレスによる三叉神経刺激の影響も無視できません。心療内科や精神科の病院では薬だけに頼らず、効果的な心理療法を通して偏頭痛の真の原因を取り除いています。

もっと見る

Copyright © 2016 症状を改善するためには偏頭痛のタイプを見極めよう All Rights Reserved.